FXで本当に勝てる手法ってあるの?

FXで本当に勝てる手法ってあるの?

トレーダーを目指す人が成功できない大きな要因は聖杯探しに陥ってしまうということがあります。

聖杯とはいつでもどんな場面でも勝つことができる手法です。

しかし、この世に聖杯はありません。頭では理解していても聖杯探しから脱することができない人がたくさんいます。どんな手法でも勝てる場面と負ける場面は必ず出てきます。

すべてを勝とうというのは100%できません。勝ったり負けたりしながらトータルでプラスにしていくというのが勝ち組トレーダーの本当の姿です。

勝率70%の手法は負けない?

勝率70%の手法

勝率70%の手法は負けることがない手法です。

しかし、勝率70%ということは100回エントリーしたら30回負けるということです。30回負けるならば10回連続で負けることもありえます。そこで資金ショートしてトレードをやめてしまえば勝率70%の負けることのない手法でも負けてしまいます。

本当に勝てる手法というのは、勝率・損益比・1トレードあたりの最大損失額の3つの要素のバランスがとれている手法です。

損益比とは勝ったときの収益と負けたときの損失の比率です。損益比が1ならば、勝ったときと負けたときの損益比が1:1ということです。損益比が1:1ならば勝率50%では勝つことはできません。

必ずどこかで破綻します。

損益比が1ならば勝率が60%を超えてこないと安心してトレードすることができません。しかし勝率が60%でも10~15回以上連続で投資できる資金がなければ、やはり勝つことはできないのです。

1トレードでの最大損失額を総資金の2%とした場合、損益分岐点は勝率40%ならば損益比1.6以上、勝率50%ならば損益比1.2以上、勝率70%ならば損益比0.8以上です。これ以上の数値になっていれば破産しないでトレードを継続することができます。

この3つの条件をを満たす手法を選択すればいいのです。

勝率40%損益比2以上のトレード手法とは?

勝率40%損益比2以上のトレード手法

林部流SCMは基本トレードで勝率40%損益比2以上を達成しています。総資金に対する損失額が2%以下ならば黙って勝ちトレードができます。

また、利益額を最大化することで損益比3以上達成できるので、ここまでくるとまず負けることがありません。

エントリーポイントはサインで表示され、逆行する可能性が低いポイントでのエントリーなので損切幅を最小でおさえることができ安定した勝率を確保できます。また、マニュアルの中にはさらに勝率を高める方法も解説しているので、勝率70%超まで引き上げることができます。

林部流SCMの詳細はこちら⇒

勝率が高く損益比も高いトレードは小額資金を短期間で大きく育てることができます。その資金管理の方法も表を用いて解説しています。

林部流SCMはsafe cruise method 安全な航行と名づけました。荒波のような相場を安全に確実に航行していくための方法です。

林部流SCMで経済的に豊かな人になってください。

そして、多くの人に手を差し延べられる人になってください。これからくる時代は暗黒の時代です。多くの人が希望を失って自死してしまう時代です。あなたが希望の光になってください。

林部流は諸手を挙げてあなたをお待ちしています。