令和大恐慌をあなたはどう生きるのか?

大暗黒時代の到来です。

コロナを契機としてこれから起こる不気味な時代を皆さんはどう生きていこうと思っているのでしょうか?

人ごとながら、私は非常に心配です。これから世界が恐ろしい時代に入ることは、ほぼ間違いありません。1925年の世界恐慌は本当に悲惨なもので世界の多くの人が苦しみ亡くなっていきましたが、それに次ぐ大不況が間もなく現実のものとなります。

これからの数年は大失業時代です。

コロナを理由に多くの会社が廃業・倒産します。失業者が増えホームレスが増大します。自殺者が増えます。犯罪が多くなります。餓死する人も出てきます。病気になっても医療を受けられない人が増えます。負の連鎖がどんどん広がりますが、まったく希望を感じることができない暗黒の時代が続きます。まさに地獄絵図の世界です。

1925年の世界恐慌がどれだけ悲惨だったかは各自で調べてほしいと思いますが、歴史上この悲惨な時代にもっとも多くの億万長者を生み出したことも事実です。

時代の変わり目に何をしますか?

古い価値観にしがみついている人は塗炭の苦しみを味わうことになりますが、時代の変化に対応できた人は次の時代の成功者となれます。

私はこの時代を生き残っていくためには2つの方法しかないと思っています。

  1. 今すぐネットビジネスを始めて国や会社に頼らずに個人で収入をあげる方法をつくりだすこと
  2. FXで稼ぐ方法を身に付けること

この先、国や企業はまったくあてになりません。自分たちの組織を守るのが精一杯で国民や社員を守ろうなんて気持ちは少しもありません。

新しい総理はスローガンとして「自助・共助・公助」と言っていますが、この言葉は災害のときに使う言葉で自助とは自分で自分の命は守りなさいという意味です。自分の命は自分で守らなければならないのです。

会社からの給与をあてにしてはだめです。いつなくなるかわかりません。あなたが直接個人で稼げるという仕組みを作ることが大事です。アマゾンや楽天を使ったせどりや、ジモティやメルカリを使った個人販売でもいいです。自分で直接稼ぐ方法ができれば最低限の生活を守ることができます。

もし、あなたが本当に次の時代の成功者なりたいと思うのならば、今すぐFXの勉強を始めてください。株ではダメです。FXをやってください。

林部流SCM開発の理由!

私が林部流を開設して3年になりますが、この間、私の従妹をはじめ林部流から数十名の方が専業トレーダーとして育ち、最近開講した個別指導塾の会員の中からも専業トレーダーを誕生させることができました。また、専業になってはいないけれど兼業トレーダーとして十分稼げているという人も増えてきました。

私と私の仲間は次の時代も生き残っていけます。私自身はもう年齢的にいい年になってきているので、この先大きな野望はもっていませんが、若い人たちにとっては人生最大のチャンスがくるのではないかと思っています。

これまで林部流はトレンドの初動を狙うことを手法の根幹としていましたが、最近の相場でプライスアクションが大きく変化してきたことに合わせて手法の根本的な部分を大幅に変更しました。

最近の相場はトレンドに入るタイミングで逆方向に大きく動いてからトレンド方向に動くとか、トレンド方向に動き出してから一度大きく逆行してトレンド方向に動くという傾向が頻繁にみられます。

エリオット波動で一番伸びる波動は第三波というのがこれまでの一般的なプライスアクションでしたが、それも崩れており第一波を狙わないと利益が出しずらいというような状況になっています。

これらの大きな要因となっている理由はAIの台頭です。私はブリッジング法を公開したときに10年以内に1億円以上の資金を作らないとAIが台頭し個人がFXで稼ぐことが難しくなると宣言しましたが、私が思っていた以上に早くAIが進出してきました。

ゴールドマンサックス社はかつて600人いたトレーダーが現在はわずか2名になっているそうです。2人の天才トレーダーを残して、ほかのトレーダーは全員解雇され、代わりに雇い入れられた200人のITエンジニアが、ロボットトレーダーを使って日々の取引作業を行っているそうです。

今回調べてみて驚きましたが、すでにウォール街の90%はAIをメインに使用した取引に切り替わっているということでした。

前述したように逆をつくような動きを頻繁に見せるのはまさにAIが一般投資家を振り落としている姿そのものです。これが、プライスアクションが変化した大きな要因だと思われます。

今回林部流もこの変化に対応するために手法を根本的に見直しトレンド狙いから押し目戻り売りを積極的に狙う手法に方向転換しました。

その結果、とんでもない優秀な手法が完成しました。

AIに対抗する手段とは?

個人トレーダーがAIに対応するために守らなければならないポイントがあります。

1.絶対に順張りトレードをする
AIのロジックは利益の出しやすい順張りが基本です。AIの多い今の相場は上がるときは一方的に上がり続け、下がるときは一方的に下がり続ける傾向にあります。ですから我々個人トレーダーは大きな流れに絶対に逆らわない順張りトレードを心掛けなければなりません。逆張りは一気に資金を飛ばしてしまうという大きなリスクがあります。

2.予測や予想でのエントリーはNG、動きが出てから後出しでエントリーする
AIはアルゴリズムを先読みしてあえてセオリーの逆の動きを仕掛けてくることがあります。我々個人トレーダーは大きな流れには逆らわず実際に相場が動き出してから動くということを徹底する必要があります。

3.利益を小さく積み上げる
AIがいつ転換を仕掛けてくるかがわからないので、エントリー後に利益が乗っても欲ばり過ぎず小さな利益を積み重ねることが大切です。

押し目を狙ったエントリーならば、トレンド方向に対して必ず順張りトレードになりますし、トレンドが逆行する可能性が低い、また、何より損切り幅を小さくすることができるのでリスクを最小限にして利益を最大化できるという損小利大のトレードが実現しやすいというメリットがあります。

絶対負けない投資とは?

投資で勝ち続けることができるかどうかということは、勝率、リスクリワード(ペイオフレシオ)、損失許容額の3つバランスが重要ですが、押し目を狙った手法はもっともこのバランスがとりやすく勝てる手法をつくるのにもっとも最適です。

以下の表を見てください。

この表は1回トレードの損失額を総資金の2%に設定したときの破産確率を表したものです。横軸が勝率、縦軸がペイオフレシオです。ペイオフレシオとはリスクとリワードの比率です。ペイオフレシオが1ということは、投資額に対してリワード(利益)が1ということです。ペイオフレシオが1ならば勝率50%では間違いなく破産してしまいます。

投資として成立するためには、勝率40%ならばペイオフレシオは1.6以上、勝率50%ならばペイオフレシオは1.2以上を超えてなければなりません。

今回、手法を新しく転換する中で、黙ってサイン通リのトレードをしているだけで、勝率40%ペイオフレシオ2以上を達成できる手法を構築することができました。

私はこの手法を「林部流SCM」と名付けました。

SCMはセーフクルーズメソッド(安全な巡行)と言う意味です。嵐のような荒れ海のFX市場においてどこまでも安全に資産形成できる方法ということです。難しいFXの世界でこれだけ安全に投資していけるしくみは他にはないのではないかと自負しています。

サイン通リのトレードで勝率40%リワード200%が達成できるのですから誰がやっても負けません。

慣れてきたら簡単な裁量判断で利益をさらに伸ばすことができますし、また、すべてのサインでエントリーするのではなくマニュアルの基準に従ってエントリーを絞ることによってさらに勝率を引き上げることもできます。

上記表を見てもわかるように勝率40%ペイオフレシオ2があれば絶対負けない投資ができるのです。資金は確実に増えていきます。

トレンドを捕まえる!

トレンドというのは必ず上げ下げしながら一方向に向かいます。

上昇トレンドであれば、上値と下値の両方を切りあがって上昇していきますが、途中必ず調整が入って下がるところがあります。なぜ下がるのかというと、ある程度上昇すると利食いをする人たちが出てくるからです。利益を確定するのに決済を行うので一時的に下がるのです。

では、なぜまた上昇するのかというとトレーダーというのは短い時間足で見ている人、中くらいの時間足で見ている人、長い時間足で見ている人とそれぞれ違う時間足で見ている人がいるのです。

短い時間足でチャートを見ている人は利益が出るとすぐに利確しますが、長い時間足を見ている人は簡単に利確しません。むしろ短い足でみている人たちが利確したところを積極的にエントリーしてきます。この心理と動きが相場を上下させながら一方向に進ませるというメカニズムなのです。

ダウ理論にもあるようにトレンドの特性として、ひとつの方向に進んだら簡単には反転しません。上下しながら一方向に動くという特性があります。

押し目を狙うということは相場が逆行するリスクをぎりぎりまで抑えることができます。また、押し目でのエントリーは、損切り幅も最小化させることができます。

逆行のリスクをおさえて損切幅も最小化できるならば、ペイオフレシオを最大化できるということになり損小利大のトレードを行うには絶好のポイントということになります。

林部流SCMの自動環境認識とは?

SCMは難しいとされる環境認識を一切必要としません。環境認識はシステムが判断します。チャートの背景色によって買いゾーン、売りゾーン、待機ゾーンが一目でわかります。

この世に聖杯はありません。

どんなときでも勝てる万能な手法なんて、いくら探してもみつかりません。どんなに優れた手法もその手法が機能する場面と機能しない場面があります。

手法が機能しないときはトレードしないで機能するときだけ手法を用いてトレードすればいいだけなのです。手法が機能するかどうかは環境認識によって見極めます。

しかし、環境認識が難しいようです。この環境認識をシステムがやってくれるとすればこんな楽なことはありません。投資初心者でもすぐに結果を出すことができます。

林部流SCMでは環境認識はシステムが判断します。

具体的には買いでエントリーすべきゾーンなのか、売りでエントリーすべきゾーンなのかはシステムが判断してチャートの背景を色分けします。また、エントリーすべきポイントでは、矢印が表示されます。

エントリー後は損切ラインと利確ラインを設定したらあとは結果が出るのを待つだけです。

林部流SCMのすごいところはインジケーターが示すゾーンで矢印通リに売り買いするだけで勝率40%、リワード200%が達成できてしまうということです。

これが達成できるならば投資で失敗することはありません。

勝率40%、リワード200%

林部流SCMは、一切の裁量を入れずに機械的にエントリーを繰り返しても勝率40%リワード200%を達成することができるので、それだけで優秀な手法だということができます。

損失許容額が2%ならば一気に大きな利益を出すことはできませんが、資金が大きくなりにつれて投資額もあげていくことができるのであせらずじっくりと取り組めば収益を拡大していくことができます。

勝率、リワードが向上していくとさらに早く資金を増やしていくことができます。損失許容額を10%までひきあげると損益比率は下記のようになります。

損失許容額を10%まで引き上げた場合は勝ち続けていくためには、勝率50%以上リワード180%以上、あるいは勝率60%以上リワード100%以上が必要です。

裁量となりますが、マニュアルに沿って利益を伸ばす方法、勝率を高める方法を実践していただければ、下記の表のようにさらに収益を拡大していくことができます。

林部流SCMの特徴

使用通貨:9種類の通貨ペアを継続的に監視します。
使用通貨は GBP/USD GBP/JPY GBP/AUD EUR/USD EUR/JPY EUR/AUD AUD/USD AUD/JPY EUR/GBPの9通貨ペアです。

15分足でエントリーポイントを厳選、毎日のエントリー回数を保するために9通貨ペアを使用しています。

時間足:15分足を使用したデイトレード
15分足を使用するため余裕をもってトレードできます。

証券会社:口座はどこを使用してもかまいません
資金を爆発的に増やしたいという方には、レバレッジの大きい海外口座の使用方法もお教えしています

使用チャート:MT4(メタトレーダー4)を使います
林部流SCMではMT4専用の林部流オリジナルインジケーターを使用しますので、MT4が使用できる環境が必須です。

使用するMT4の証券会社には条件などはございませんので各自好きな証券会社を使用できます。MT4でエントリーポイントチェック、実際のトレードは別の証券会社でということも可能です。

エントリー:エントリーポイントで矢印発生、確定でエントリー
上昇ゾーン、下降ゾーン、待機ゾーンで自動的に色分けされたチャート上にエントリー矢印が発生しますのでエントリー判断は簡単です。

利益確定:指値+手動決済
決まった数値での指値決済と手動決済を併用します。手動での利益確定ポイントはルールが明確に決まっています。

損切り:逆指値+手動決済
決まった数値での逆指値決済と手動決済を併用します。手動での損切りポイントはルールが明確に決まっています。

サポートについて

マニュアルを受け取った日から3ヶ月間の個別サポートになります。

トレードに関しては林部が個別にサポートします。サポートは期間内無制限メールサポートですので安心して取り組んでいくことができます。

あなたがエントリー判断及び決済判断に迷いがある場合、林部の見解を聞くこともできます。そして、あなたが稼げるトレーダーになるために必要なことをつねにアドバイスしていきます。

困ったとき、判断に迷ったときにすぐにアドバイスしてくれる存在があることがどんなに心強いかイメージしてください。ただし、投資助言に該当するような売り買いの指示を直接出すことはできません。

※事務関係については藤澤がサポート担当になります。チャートの設定などについても丁寧にサポートさせていただきます。

最後に

いみじくも新総理が発している「自助・共助・公助」災害時に使う言葉です。

まさにこれから訪れる時代は災害のようなものです。自分たちでできることは少ないです。ですから、せめて自分たちの命は自分たちで守りましょう!

そのために必要なのが自分で稼ぐ力と投資力です。今回の恐慌で株は相当なダメージを負い回復には時間もかかります。その点FXは相対取引ですから一方的にどちらかが安くなるあるいは高くなるということは考えにくいです。

林部流SCMは仕事で忙しい方でも取り組みやすい15分足のデイトレードです。多くの方が苦手とする環境認識を背景色で視覚的に認識できるインジケーターエントリーポイントが一目でわかるエントリーサイン矢印利益の確定も損失の確定も明確なルールFX初心者でも勝ててしまう実力です。

次の時代の成功者になりたいという人は林部流過去最高の手法、SCMにぜひ参加してみてください。

林部流SCMは期間限定、人数限定での提供になっていますので、少しでも気になった方はすぐに以下から資料請求してください。

林部流SCM詳細資料請求先

林部流SCMとはどのようなものなのか、どの程度の利益が見込めるものなのか、参加資格、リスクゼロで参加する方法、参加費用など、詳細を希望される方は、以下まで「林部流SCM詳細希望」の件名で、お名前を明記して請求してください。PDFにまとめた詳しい資料をお送りさせていただきます。

お問い合わせ先: info2@technical-web.net (担当:藤澤)

※クリックするとメーラーが立ち上がりますので必要事項を記入して送信してください。
※WEBメールの際は上記アドレスをコピーして送信してください。

◆以下のフォームに、お名前、アドレスを入力して送信していただいても結構です。
※アドレスの入力ミスが多く、返信しても戻ってきてしまう場合がありますのでコピーペーストなどで正確に入力されるようにお願いします。